アウトドア・旅行・スポット

神戸から日帰りで楽しめるオススメ水族館をご紹介します!!

投稿日:




神戸から日帰りで行けるオススメ水族館をまとめました!神戸から日帰りで行ける水族館はいっぱいありますし、今の水族館は季節に合わせて色んなイベントが企画されていて、大人も子供も楽しめるようになっています!ぜひ子供との思い出作りやデート等に行ってみてください!!

海遊館/大阪府大阪市

海遊館は世界最大級の水族館でイベントや展示物がかなり充実しています!
海月銀河では限りなく広がる漆黒の空間に、キラキラと漂う美しい海月たち。まるで海月の銀河の中を浮遊しているかのような体感で、神秘的な旅をたのしめます。
新体感エリアでは生き物との距離をぐっと近づけたことで、気温、音、におい、などをリアルに感じる事ができます。
生きものたちのお食事タイムは見るだけではわからない、生きものたちの不思議な生態を紹介する「お食事タイム&スポットガイド」!!生きものたちのお食事にあわせて、専門のガイドや水槽の中の飼育係員が楽しく、詳しく解説してくれて、なんといっても、アクリルパネルの間際にやってくる生きものたちは迫力が満点!まるでショーを見ているように楽しみながら、今まで気づかなかった生きものたちの不思議について学ぶことができます。
夜の海遊館は毎日夕方5時からは、昼とは違う幻想的な顔を見せる「夜の海遊館」。館内のBGMが変わり、深いブルーの海に月明かりのように差し込む光の中、魚が泳ぐ様子はとても美しく、幻想的です。

【水族館名】海遊館
【住所】大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
【営業時間】
9:30~20:00
※季節によって変動あり
【閉館日】
年中無休
【料金】
大人:2,300円
小・中学生:1,200円
幼児:600円

NIFREL(ニフレル)/大阪府吹田市

NIFREL(ニフレル)は、大阪市内の水族館「海遊館」がプロデュースした施設で、水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた、生きているミュージアム!生きものの美しさや不思議さを体感できる施設です。「感性にふれる」をコンセプトに、空間、照明、映像、音楽を用いて子供も大人も楽しめる新感覚の水族館です。水族館は普通、生き物の種類や生息するエリアなどによって展示室が分かれていますが、ニフレルは「いろにふれる」「わざにふれる」「すがたにふれる」「ワンダーモーメンツ」「みずべにふれる」「うごきにふれる」「つながりにふれる」の7つのテーマに、展示スペースが分かれているんです。この展示の仕方がニフレルの最大の特徴と言えるでしょう。

【水族館名】NIFREL(ニフレル)
【住所】大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
【営業時間】
10:00~20:00
※季節によって変動あり
【閉館日】
年中無休
【料金】
大人:1,900円
小・中学生:1,000円
幼児(3歳以上):600円

神戸市立須磨海浜水族園/兵庫県神戸市

神戸市立須磨海浜水族園の名物イルカショーではダイナミックなジャンプやユーモラスな演技などを披露してくれます。水族館は老若男女楽しめる施設となっており、冬にはコタツに入って魚を見るイベントも開催しています。「神戸市立須磨海浜水族園」は夏休み期間限定で、閉館時間を3時間延ばしていて、浴衣の方には割引サービスもあるので、夕方からのデートにオススメです!

【水族館名】神戸市立須磨海浜水族園
【住所】兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5
【営業時間】
9:00~17:00
※季節によって変動あり
【閉館日】
平成30年1月~2月、12月の毎週水曜日
【料金】
大人:1,300円
15~17歳:800円
小・中学生:500円
幼児:無料

城崎(きのさき)マリンワールド/兵庫県豊岡市

城崎(きのさき)マリンワールドはとにかくショーが豊富で、水族館らしくないことをやるみたいで、有料ではありますが、釣堀で釣ったアジをその場で天ぷらにして食べる事ができるみたい。そして、イルカにタッチしたりペンギンとお散歩したりというふれあいの場を積極的にもうけています。また、ショーも観るだけではなく参加していただいたり、磯遊びで実際にヒトデやウニにさわったりもできます。さらにバックヤードツアーで水族館の裏側をのぞく事もでき、城崎マリンワールドを丸ごと楽しもうと思ったら丸一日はかかりそうですね。
【水族館名】城崎マリンワールド
【住所】兵庫県豊岡市瀬戸1090番地
【営業時間】
9:00~17:00
※季節によって変動あり
【閉館日】
年中無休
【料金】
大人:2,470円
小・中学生:1,230円
3才以上:620円

姫路市立水族館/兵庫県姫路市

姫路市立水族館は播磨地方の里地・里海で見られる身近な生きものを展示した水族館です。サメやエイにもタッチできるプールがあります。姫路市立水族館には、近年の水族館にあるような大型水槽はありません。しかし、そこには小型の水槽でしか表現できない工夫がいっぱいかくれているそうです。生きている魚が触れない子どもも、実物からかたどった魚の模型を触って形やウロコの不思議を学ぶことができるので、姫路市立水族館は、ただ、見るのではなく五感を使って体験できる水族館なのです。
【水族館名】姫路市立水族館
【住所】兵庫県姫路市西延末440
【営業時間】
9:00~17:00
【閉館日】
火曜日(祝日の場合は翌日)
12月29日~1月1日
【料金】
大人:510円
小・中学生:200円

-アウトドア・旅行・スポット

Copyright© ハイソン , 2020 All Rights Reserved.