アウトドア・旅行・スポット

淡路島おすすめ観光スポット!!遊びからパワースポットまで日本最初の島!淡路島を遊び尽くせ!!

更新日:




淡路島は、瀬戸内海東部に位置し、瀬戸内海では最大の島で、人口は離島の中では最も多く、近畿地方の兵庫県に属しています!兵庫県からは有名な明石海峡大橋を渡って行く事ができます!淡路島というと、淡路島玉ねぎが有名ですが、神戸牛のルーツが淡路島の淡路牛だったりと意外なグルメもいっぱいです。そして、観光スポットやキャンプ施設も充実しています。また、『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」~古代国家を支えた海人の営み~」が平成28年度の「日本遺産」に認定されるなど、今とっても注目の場所なんです。

1.ニジゲンノモリ

クールジャパン×自然×テクノロジー
アニメや漫画にゲーム、これら”二次元コンテンツ”の世界感を、五感を使い、体を動かしながら体験できる、純日本産のアニメパークです。”画面や紙面が森全体に広がる場所”だと思ってください。
最新テクノロジーを使用し、まるで作品の中へと迷い込んだ錯覚を起こす幻想的なアトラクションや、二次元コンテンツの世界感を踏襲したアクティビティなど、アニメをはじめとした、ここにしかない”二次元体験”ができます。
昼と夜で異なるアトラクション!
時間帯によりニジゲンノモリの表情は一変。日中10:00〜17:00の間は、ファミリーのお客さまを中心に、自然の中でおもいっきり体を動かし、時には絶叫もありのアトラクションがオープンします。
夜18:00以降、森が暗闇に包まれる頃、最新テクノロジーと新しい表現手法により、美しく幻想的に演出された二次元世界が登場します。夜かつ広大な野外だから実現できる、今までにないアトラクションです。
野外環境を最大限に活用した、昼夜2つの表情をもったパークです。
兵庫県立淡路島公園は、時期によってあじさいや桜が咲き、珍しい渡り鳥や蛍を見られることもあります。ここは、日本古来よりある里山の懐かしい風景が広がる自然豊かな場所なんです。
なお、東京ドーム28個分くらいの敷地面積を誇る巨大な公園なので、端から端まで歩くと、大人の男性の足で40分以上かかります。さらに、エリアによっては登山道のようになっているため、できるだけ動きやすい服装でのご来場をオススメします。

【アトラクション】
【クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク】
人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にした「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」は、クレヨンしんちゃんの世界感を体感できるアトラクションエリアです。2つのメインアトラクションと、他3つのアトラクションとショップをご用意。
【火の鳥】
光輝く火の鳥が、夜の森を羽ばたく。
最新テクノロジーによる二次元世界。

【宿泊施設】
2018年5月、兵庫県立淡路島公園アニメパークニジゲンノモリにグランピング施設がオープン。
神秘のエネルギーが満ち溢れる丘。その繭の中にいるような心地よい時間。星の輝き、見渡す海、流れる島風、贅沢な自然を楽しんでいただける別格の空間です。

【公式ページ】
【ニジゲンノモリはこちらから】

2.淡路夢舞台

淡路夢舞台は、建築家・安藤忠雄氏によってグランドデザインされた公園・リゾート施設です。
淡路夢舞台には数多くの公園や施設がありますので一部紹介します!
【百弾苑】
山の斜面に沿って階段状に並んだ100個の花壇は圧巻。世界のキク科の植物を楽しむことができます!
【展望テラス】
展望テラスは安藤建築の造形美。円形や楕円に切り取られた空や思わぬところに現れる空間に驚くかも!
【展望台】
ここまで上がって来られるかなぁ~?淡路夢舞台と淡路島国営明石海峡公園が一望できます。海まで見渡せる絶景のポイントです。
【花木林苑】
木や草花をゆっくり見ながらお散歩ができます。ところどころにあるオブジェが可愛くて、ついつい見とれてしまいます。
【淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館】
人と自然の共生をテーマに、花と緑のある暮らしのガーデニングを楽しめます。世界の珍しい植物もいっぱい。
【ウェスティンホテル淡路】
野鳥の声に目覚めて窓を開けると、目の前は輝く海―。豊かな自然を感じる開放感とくつろぎの時間を味わえます!
【淡路島国営明石海峡公園】
花と緑と海に囲まれた素晴らしいロケーション。四季の花たちと遊ぶ淡路島国営明石海峡公園。ここでは四季を通じて、色とりどりの草花が皆さまをお迎えします。
【公式ページ】
【淡路夢舞台はこちらから】

3.淡路ワールドパーク ONOKORO

世界各国の超有名建築物を1/25サイズで再現したミニチュアワールドには、タージ・マハル、バッキンガム宮殿、パルテノン神殿、ピサの斜塔など18ものミニチュアがあります。ほかにも様々なイベント等が開催されていたり、アトラクションや体験教室等があり、レストランやショッピングもありますので、丸1日家族で子供から大人まで楽しめるようになっています!特にジップラインアドベンチャーはワイヤーロープにぶら下がり、空中を一気に滑走するスリル満点で爽快絶叫の新感覚アトラクションで人気みたいですよ!
【公式ページ】
【淡路ワールドパークONOKOROはこちらから】

4.【絵島】パワースポット
美しい岩肌の淡路島の絵島!

瀬戸内海最大の島、淡路島は、日本神話で最初に作られた島と言われています。絵島に渡ってまず驚くのは、その岩肌の模様。ここに来るまでの道とは全く違う神秘的な感じになりますよ。絵島のすぐ近くには世界最長のつり橋、明石海峡大橋があります。帰りには「道の駅あわじ」も近いので、地元の新鮮な海産物や、淡路名産の玉ねぎ等お土産を手に入れることもできますよ。
【公式ページ】
【絵島パワースポットはこちらから】

5.【たこせんべいの里】 たこせんべい試食し放題!

タコを使った淡路名物のお土産、たこせんべいを食べられるところが【たこせんべいの里】。ここは、店内のほとんどのおせんべいが試食出来て、無料でコーヒーも飲めて、工場見学もできるという施設です。
約20~30種類くらいのおせんべいが販売されていて、そのほとんどが試食可能。試食して自分に合ったおせんべいが購入できるのがうれしいですね!
販売コーナーの奥にある休憩スペースは、おせんべい販売工場とは思えない広々とした空間。無料のコーヒーを飲みながらゆっくり休憩ができます!
【公式ページ】
【たこせんべいの里はこちらから】

6.日本最古の神社【伊弉諾神宮】

古事記・日本書紀に記された日本最古の神社【伊弉諾神宮】。神話によると、イザナギとイザナミが次から次へと神様を産んだと言われていますが、そのイザナギが余生を過ごした場所がまさしくここと言われてます。
ここには、樹齢900年と言われる夫婦大楠があります。夫婦円満・安産・縁結びのご利益があるパワースポットでもあり、古くから人々に親しまれています。
淡路島を訪れたら、是非こちらまで足を運んでみましょう。
【公式ページ】
【日本最古の神社伊奘諾神宮はこちらから】

7.淡路島の海水浴場
【洲本・大浜海水浴場】

淡路島洲本市の【大浜海水浴場】は、淡路島人気No.1の海水浴場。「快水浴場百選」にも選出されています。
【慶野松原海水浴場】
淡路島の西側にある【慶野松原海水浴場】は、松原に沿って伸びる海水浴場で、2.5kmに渡り5万本の黒松が茂る林は美しく、国の名勝に指定されています。
【公式ページ】
【淡路島海水浴場はこちらから】

8.水仙の日本三大自生地
【灘黒岩水仙郷】【立川水仙郷】

淡路島は、越前海岸・房総半島とともに水仙の日本三大自生地。淡路島には、【灘黒岩水仙郷】【立川水仙郷】の2箇所に水仙の名所があります。
海沿いの急斜面に、500万本という途方もない数の水仙が咲き乱れる姿は圧巻です。
淡路島の水仙の名所は、お花と海を同時に楽しむことができるのも魅力。【灘黒岩水仙郷】がニホンズイセン1種類だけなのに対し、【立川水仙郷】では、いろんな種類の水仙が見られ、灘黒岩水仙郷とはまた違う感じが楽しめます。
【公式ページ】
灘黒岩水仙郷、立川水仙郷はこちらから】

9.【沼島】 ハートの岩が!恋愛成就パワースポット!

国生み神話の島、淡路島にはパワースポットも数多くありますが、最近話題となっているのが、船で10分で行ける【沼島】。島全体が神秘的なパワーに包まれている感じで、一度足を踏み入れると、そのパワーの虜になる人が続出してるみたいです。
沼島と言えば、奇岩【上立神岩】の中央にはなんとハート形のくぼみが!恋愛が成就されるパワースポットとして、夫婦円満・恋愛成就を願い、沼島へと訪れる人が急増中みたいです。
【公式ページ】
沼島はこちらから】

10.【おのころ島神社】

イザナギとイザナミを祀っている【おのころ島神社】にある鶺鴒(せきれい)石。赤白の綱を握ってお参りすると、お互いの絆がより深くなるとして出会いを求める方にもおすすめ。
【おのころ島神社】ではお守りも是非!特に縁結びには強い力を持ち、芸能人の方もよく買いに来るとのこと。
【おのころ島神社】の絵馬には日本発祥の地の文字と共に、イザナギ、イザナミが描かれています。日本発祥の地という事だけあって御利益ありそうですね!
【公式ページ】
おのころ神社はこちらから】

11.【じゃのひれドルフィンファーム】
イルカと一緒に淡路島の海を泳げる!!

イルカと一緒に泳ぐという憧れの体験ができる施設が「じゃのひれドルフィンファーム」。海に作られたいけすの中で、イルカに触ったり、一緒に泳いだりといった体験ができるようになっています。
「じゃのひれドルフィンファーム」 では、イルカと泳ぐ以外にも、釣りやキャンプ、バーベキューなどもできます。また、イルカと泳いだ後に、そのままコテージに泊まることもできますよ。
【公式ページ】
じゃのひれドルフィンファームはこちらから】

12.【鳴門の渦潮(うずしお)】

鳴門の渦潮観光で渦潮が楽しめるのは春!大潮の時間を狙うのがコツ。
淡路島の観光スポットの中でも、ダイナミックな景観とスリルが味わえるのが南淡路の鳴門渦潮観光クルーズ。咸臨丸と日本丸を模したクルーズ船に乗って、約1時間にわたり渦潮を船の上から鑑賞できます。目の前に広がる渦潮は圧巻!大潮の時間帯には大きな渦潮がいくつも現れます。下から見上げる大鳴門橋は大迫力。
鳴門側からは、大鳴門橋の橋桁下部にある【渦の道】と名付けられた遊歩道から歩いてのうず潮見物も可能です。渦の道の遊歩道には、所々に床の一部がガラス張りになっているシースルー眺望床があります。このガラスの下には大迫力の鳴門海峡の渦が見れますよ!
【公式ページ】
鳴門の渦潮はこちらから】

13.【淡路ファームパーク イングランドの丘】

自然と動物のテーマパークで、イギリスののどかな田園風景を思わせる丘が広がる広大な敷地の中では、農業体験や酪農体験、手作り体験を楽しむことができます。たくさんの動物ともふれあうことができ、特にオーストラリアから来たコアラに会えるコアラ館は大人気です。
園内は、イギリスの湖水地方をイメージして造られた【イングランドエリア】と、動物とのふれあいを楽しめる【グリーンヒルエリア】に分かれおり、それぞれで違った魅力を楽しむことができます。
【イングランドエリア】では、ジャガイモやさつまいも、とうもろこしなどの野菜の収穫体験が楽しめる野菜畑、イチゴ狩りやトマト狩りを楽しめる温室、イングリッシュガーデンをイメージしたバラ園、夏には満開のひまわり畑となる大花畑などが見所。
【公式ページ】
淡路ファームパークイングランドの丘はこちらから】

14.あわじ花さじき

【あわじ花さじき】は花の島にふさわしい花の名所として人気を呼んでいます。甲子園球場の約4倍という広大な花畑には随所に四季折々の花が咲き乱れ、ゆっくりと散策すれば時間が経つのを忘れてしまいそうです。園内の小高い展望台は、明石海峡や大阪湾までが目に飛び込んでくる絶好のビューポイント。それ以外にも、この広い花の国は、たくさんの美しい風景に出会える場所で溢れています。明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により変わる愛らしい花々が夢の世界に誘います。眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる、極上の見物席として、【あわじ花さじき】と命名されました。さじき席ですので、自由に散策して自分の席を見つけてください。
【公式ページ】
あわじ花さじきはこちらから】

15.ウェルネスパーク五色

播磨灘を一望する広大な園内に、キャンプ場などを完備したレジャー施設。約100種の洋ランを展示・販売している【洋ランセンター】や、10種の風呂がある【五色温泉ゆ~ゆ~ファイブ】が楽しい。五色町ゆかりの高田屋嘉兵衛の生涯をわかりやすく紹介した【高田屋顕彰館・歴史文化資料館】も必見。
海を見渡す丘陵地で五色の歴史や自然を体感できます!
【公式ページ】
ウェルネスパーク五色はこちらから】

-アウトドア・旅行・スポット

Copyright© ハイソン , 2019 All Rights Reserved.