生活

海外の人にも絶大な人気!三木市で作られている肥後守【ひごのかみ】をご紹介!

投稿日:




肥後守は明治27年(1894年)に初代がナイフ製造を始めてから現在は五代目が伝統を引き継ぎ、肥後守の様々な時期を乗り越え、現在は1社のみで肥後守を製作しています。若い世代には馴染みが薄いナイフかもしれませんが、年配の方には昔鉛筆を削るのによく使用されていたみたいです。
そして、現在は海外での人気がすごく、バイヤーや、旅行客等が足を運んでまで買いに来るそうです。

海外の人の使い方は様々で、フランスパンを切ったり、ハムを切ったりと様々な使い方をしてるそうです。海外の方にも愛される肥後守を皆さんも是非一度使ってみてはいかがですか!?
日本の歴史ある伝統で作られた素晴らしい逸品ですよ。
【公式ホームページはこちら】

-生活

Copyright© ハイソン , 2020 All Rights Reserved.