アウトドア・旅行・スポット

シンガポール~3泊5日の旅~

投稿日:




8月9日から13日のお盆の期間を利用して、初のシンガポールに行ってきました。なので今後、シンガポールに行く予定の人の参考になればうれしいです。

予約までの道のり

「関西 シンガポール 格安」で検索して、一番安いサイトで取ったので、どのサイトがおすすめとか特にありません。これで検索すれば、LCCで良かったらいくらでも安いところ探せると思うので、頑張って探してください!私が、取った航空券とホテルの値段は、航空券が往復55,000円で、ホテルが31,000円の合計86,000円です。航空券は、LCCで行きは関空からクアラルンプール経由で、帰りは直行便です。ホテルは、「シンガポール ホテル 格安」で検索して、wifiがあれば特に他気にするところなかったので、適当にとったところが、5つ星の「マンダリン オーチャードホテル」というところでした。

https://www.meritushotels.com/ja/mandarin-orchard-singapore/index.html ホテルのサイトです。ここでも予約できるみたいですね。

ここのホテル、朝食が有名で宿泊客以外にも並んで食べに来る人がいるそうです。客室からエレベータで降りると、スタッフが「宿泊客の朝食バイキングはこちらです。」と案内してくれるのですが、罠です。最終日以外、案内のままの場所で食べていたのですが、そことは別にロビーの前にも朝食バイキングがあり、そっちの方がメニューが良かったです!2泊以上する方は、両方行ってください。1泊の方は、スタッフに騙されずに、ロビーの前のバイキングを利用した方がいいです!最終日、朝食の前にカップラーメン食べて、結局そっちでは食べてないんですが、、、一緒に行った人みんな、ロビーの前のバイキングの方がいいと言っていたので、間違いないです。

DAY1

9日の仕事終わりに、22時の飛行機で出発し、朝の9時ごろシンガポールの空港に到着。この日のために、iPhoneのSIMロックを解除していたので、シンガポールのSIMカードに差し替え、いざ出発。SIMカードは、空港の両替するところで売っているので、そこで「SIMカード」と言えば、どのSIMカードにするのか一覧表みたいなのをみせてもらえるので、$30くらいのを購入して、親切な人で設定までしてもらいました!フリーSIMの携帯か確認されるので、「Yes」って言っておけば大丈夫です(笑)もし、設定の仕方わからず、設定してもらえばければ、携帯かざして「can you?」若しくは「could you?」と言えば、してくれると思います。

無事に携帯を使えるようになり、ホテルへ荷物を預けに行き、そのあとユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ。滞在中は、地下鉄やバスなど一切利用せずタクシーのみで移動しました。物価は高いが、タクシー代はそんなに高いと感じなかったし、ぼったくりもなかったです。ユニバに到着すると、現地は平日なのでそれほど混んでいないと思っていたら、人間がゴミのようにいました(笑)流石、人口密度世界2位の国です。日本やと、チケット売り場で並んで、入園するのはすんなりいく感覚があったので、その感覚のまま長蛇の列に並んで20分くらいした後、入園するための列に並んでいることに気づき、チケット売り場の列を探し、1時間半くらいかかりようやく中に入れました。

日本のユニバより規模は小さいが、「トランスフォーマー」のアトラクションがあります。

他にも、日本にはないアトラクションもありましたが、トランスフォーマーさえ乗れれば良かったので、あまり覚えていません(笑)しかし、そのトランスフォーマーのアトラクションが、まさかの故障で動かず。。仕方なく園内一周してご飯を食べ、戻ってみたもののまだ故障中で入れず。このために高いお金を払って入園したので、引き下がれず、つたない英語で粘っていた時に故障中の表示が外され、中に入ることに成功しました。日本のユニバのスパイダーマンみたいな感じで、乗り物に乗って映像をみるアトラクションで、なかなかに迫力があり大満足!十分に満喫できたので、ユニバを後にし、ユニバから徒歩5分くらいの場所にあるカジノへ行き、スロットでユニバ代を稼ぎホテルへ帰り一日目終了。

DAY2

この日はマリーナベイサンズへ。屋上に船がある、CMなんかでみたことある人が多いホテルだと思います。私もここのホテルに泊まって、屋上にプールに入りたかったんですが、ホテル予約したのが遅すぎていっぱいで、予約できなかったです。。次はこのホテルに泊まって、プールに入りたい。。ちなみに、屋上まではいけるみたいなのですが、プールは宿泊客限定で入れないです。

目的のプールには入れなかったが、1,2階くらいがショッピングモールになっていて、一日じゃ回り切れないくらいの広さのショッピングモールにカジノまであって、宿泊しなくても十分に楽しめます。あと、近くにミュージアムがあり、たまたまアベンジャーズの10周年記念で、「マーベル展」が開催されていたので、もちろん行ってきました。2018年12月15日から大阪でもあるみたいです。正直シンガポールの旅行で一番テーションが上がったのが、このマーベル展かもしれません(笑)事前に知らずに、たまたま行ったところに大好きなものがあるって、旅ですよね。これが旅ですよね。いや、これが旅です。からあげクン増量中なの知らずに、6個入っとるときくらい嬉しかったです。㊟最上級の喜びを意味します。

夜は、事前にチェックしていた「ナイトサファリ」へ。18時くらいに到着したものの、7時台と8時台のチケットが売り切れていて次回が9時台に。。暗すぎると動物が見えなくなると、事前チェックで確認していたので、なんとしても8時台のチケットが買いたいと思い、公式サイトで調べると、普通に7時台のチケットもありました(笑)7時台のチケットあるのは、8時の買ってから気づいたので、お酒飲みながら約1時間半くらい待って、いざトラムにのりナイトサファリへ。英語でなに言ってるか全くわからん(笑)イヤホンジャック挿す場所があり、日本語選択できたので、行く人はイヤホン持っていくといいでしょう。それよりも、ナイトサファリじゃないところに列があって、そっちの方が現地の人が多かったので、たぶんそっちの方が面白いと思います。ナイトサファリは微妙でした。。

この日もカジノで買ったので、ナイトサファリ代とマーベル展代はタダです。

DAY3~カジノ必勝法~

3日目にして、当初行きたかったところ全て回れたので、この日は自由時間です。日本よりも早く、アントマン公開されていたのでアントマンを観に行ったり、リトルインディアのホーカーズというところでカレーを食べたり、ユニバがあるところに水族館もあったので水族館にいったりしました。水族館は美ら海水族館より大きいと思われる水槽があって、地味に楽しめます。

あとは、カジノです。この2日間でカジノの必勝法を編み出したので、紹介したいと思います(笑)来年の夏はこの方法を使ってラスベガス潰しに行く予定です。では、必勝法を大公開。

対人は怖いので、機械でかけれる00がないルーレットの勝ち方です。(負けても責任は負いかねます)ルーレットを回すのは人です。

まず過去の20回くらいの結果(どこに入ったか)が確認できるので、確認します。その結果の画面から「0」の数字が消えたら、そこからひたすら「0」一点に10ドル賭けます。そのうち当たります。ラスベガス潰します。以上。

これがカジノ必勝法です。もし「0」に入れば、10ドル賭けているので、その36倍の360ドルになります。自分の誕生日や誕生月でもいいかもしれませんが、「0」ってなぜか、通りかかると絶対に表示されているので99%勝てると思っています。少なくとも、私はこの旅行中に発見し、旅行中の食費やお土産代や遊び代すべて、賄ったうえで、来た時よりもお金が増えてました。

信じるか信じないかは、あなた次第です。(笑)

最後に

シンガポールは、住みたいくらい良い国でした。携帯をタクシーに忘れっていったのですが、SIMカードをいれているおかげで、友達の携帯から自分の携帯にかけることができ、運転手も優しい人だったので、タクシー代はもらうけど届けたるって言って、降ろしてもらった所まで持ってきてもらいました。iPhoneを探すで空港まで行っていて、空港から降ろしてもらったところまで30ドルくらいなのも知っていたので、多めに50ドル用意していたら、普通に30ドルって言われてびっくりしました。届けてくれて、タクシー代もぼったくりなしとか、どんだけいい国やねんシンガポールは!

映画の公開も日本より早いし、頑張って移住することを決意した旅先です!

 

-アウトドア・旅行・スポット

Copyright© ハイソン , 2020 All Rights Reserved.