生活

キャンプにもおすすめ!電源なしで生ビール! 持ち運びができるサーバーが登場

投稿日:




屋外でも電源なしで持ち運びができる「どこでもサーバー」
アサヒビールは家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」から、新サービスを展開する。サーモス社と協業して、屋外でも電源なしで持ち運びができるサーバー「どこでもサーバー」を開発し、会員限定でレンタルを展開する。レンタルは6月28日からで、価格は月980円(別途、サーバー料2990円)。 ドラフターズでは、氷点下のスーパードライ「エクストラコールド」が楽しめるホームサーバーをレンタルしているが、新たにアウトドアで生ビールを楽しめる2台目として開発した。アサヒビールでビール注出に必要な保冷能力(熱損失量)を試算し、それに適合する保冷構造や保冷剤の質量をサーモス社が設計。「電源が不要で片手でも持ち運べるため、庭先やキャンプなど利用したいシーンをさらに自由に考えることができるようにした」(アサヒビール) 製品の重量は2.5キログラム、ミニ樽1本収納時は5キログラム。約5時間冷たい状態をキープするという

-生活

Copyright© ハイソン , 2022 All Rights Reserved.